スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

夏越の祓

今日は6月30日、今年も半分過ぎました。
今日は、「夏越の祓(なごしのはらえ)」です。

kugurikata

京都の多くの神社で「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が行われています。
茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
茅草で作られた輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓います。

北野にある北野天満宮では、午後4時から大祓の神事があり、同時に茅の輪くぐりが始まっています。


水無月

また京都では、夏越祓に「水無月(みなづき)」という和菓子を食べる習慣があります。
「水無月」は白の外郎(ういろう)生地に小豆が乗っていて、三角形をしています。
上の小豆は悪霊ばらいの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表していると云われています。
最近は、黒砂糖や抹茶の外郎(ういろう)生地の「水無月」も出ています。

スポンサーサイト
Date: 2013.06.30
Category: つれづれ
Comments (0)

清涼殿落雷事件

今日6月26日は、清涼殿に落雷があった日と言われています。

延長八年(930年)5月、6月は、平安京周辺は雨がほとんど降らず、人々の暮らしに被害が出ていたそうです。

そこで、この6月26日に当時の内裏の清涼殿において、雨乞の実施について、太政官の会議が開かれていました。

その日、お昼過ぎから、黒雲が垂れ込めて平安京を覆いつくし、2時間ほどたった時に、会議が行われている清涼殿に雷が直撃したそうです。

清涼殿にいた多くの公卿や官人などがまきこまれ、何人もの人が亡くなられました。
また醍醐天皇も落雷からは難をのがれられましたが、3ヶ月後に崩御されました。

亡くなられた人の何人かが、菅原道真の左遷に関わっていたため、この落雷が菅原道真の怨霊が雷を操ったとか、
道真が雷神になったという噂が当時の平安京の人々の間にながれる契機にもなりました。

今日の京都は、時折激しい雨が降っています。

Date: 2013.06.26
Category: つれづれ
Comments (0)

夏越天神

今日25日北野天満宮夏越天神です。



楼門には大きな茅の輪が掲げられています。
Date: 2013.06.25
Category: つれづれ
Comments (0)

大茅の輪

明日6月25日の天神さんは、菅原道真公のお誕生日ということもあり、北野天満宮では御誕辰祭が行われます。
同時に夏越天神ともいわれ、大きな茅の輪が楼門につるされます。
茅の輪をくぐると、一年中無病息災、特に厳しい夏に病気にかからないと伝えられています。

今日、6月24日の夕刻に大きな茅の輪をつるす作業が行われました。

大茅

大茅2

大茅1

Date: 2013.06.24
Category: Project 空-Zero
Comments (0)

6月25日の天神さん

6月25日(火)は北野天満宮の御祭神菅原道真公の御誕生の日にあたります。

この日は夏越(なごし)天神ともいわれ、非常に蒸し暑い真夏をひかえ、健康と厄除け・無病息災を願うための「大茅の輪くぐり」が楼門で行われます。

楼門に、茅(かや)で作られた直径5メートルもあるの「大茅の輪」が掲げられ、この輪をくぐると一年中無病息災、特に夏の病気にかからないと伝えられています。

前日24日には、それまでに右京区京北町周山で刈り出された茅を、青竹に巻き上げ、楼門に吊るす作業が午後から執り行われます。

以下は昨年の写真です。
大茅2

大茅1

Date: 2013.06.22
Category: Project 空-Zero
Comments (0)

紫陽花

入梅宣言があったにもかかわらず、晴れた蒸し暑い日が続く京都です。
そんな中でも、この時期の楽しみ、紫陽花が京都のあちこちで見られます。

あぢさゐの八重咲くごとく弥(や)つ代にをいませ我が背子見つつ偲はむ 橘諸兄

紫陽花3
御池通にて

紫陽花1
鷹峯にて

橘諸兄がこの歌を詠んだ当時は、日本原産のガクアジサイが多かったと言われていますが、貴族の庭園などには厚咲き(八重咲き)のものも植えられていたそうです。

京都市内や近郊では7月上旬までが紫陽花の見頃です。
紫陽花の名所

Date: 2013.06.08
Category: Project 空-Zero
Comments (0)

だんだら

梅雨の合間の晴れ。
京都は今日も暑いです。

ボーダーラインのTシャツなどが好きで、この時期良く着ています。

この縞模様は外国から入ってきたのかなとふと疑問に思い、いろいろ調べてみると…日本の伝統模様として、ちゃあんとありました。

「段染め」(だんぞめ)「だんだら染め」(だんだらぞめ)とよばれています。

一定の太さの縞模様で、縞の太さや色数については特に決まりはなく様々でだそうです。

江戸時代に上方(関西)で横縞模様に染められたり織られた生地のことをこのようによんだことから、この名が付きました。
「だんだら筋」(だんだらすじ)、「段々縞」(だんだんじま)などともよぶそうです。

そういえば、幼いころ、ボーダーのシャツを着ていると、祖母に「今日はだんだらはん(さん)やなぁ」と言われたことを思い出しました。
Date: 2013.06.05
Category: つれづれ
Comments (0)

火之御子社例祭

6月になりました。



今日6月1日は北野天満宮の火之御子社(ご祭神は火雷神)の例祭です。
平安時代、朝廷では、雷神に雨を乞い豊作を祈願するとともに、雷の害がないことも祈願されたそうです。

今日は早朝から、農業や林業等の方々のお参りが絶えません。
最近ではゴルフや釣りや登山をする方々もお参りされているようです。
Date: 2013.06.01
Category: つれづれ
Comments (0)
プロフィール

pjzero

Author:pjzero
Project空(zero)は、古くて新しい町,京都の「ひと・もの・こと」について情報を発信していくプロジェクトです。
その情報がみえるかたちとして、
京都・北野の地でギャラリー&カフェ&ショップを展開しています。
ぜひお立ち寄りください。

Project空Zeroについて
Project 空(zero)の情報

〒602-8386
京都市上京区御前通今出川上がる
馬喰町886(北野天満宮東側)
075-462-1137

Gallery 黎begin
Cafe 新neo
Shop 結unit
11:00 ~ 19:00
(毎週金曜日は17:00 ~ 22:00)

定休日 毎週木曜日
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
掲示板
RSSリンクの表示

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。